その他の関係者

【自死の真相】小室圭さんの父親は横浜市役所の公務員!出身大学から自殺の原因まで解説

今回は38歳という若さで自らの命を断ってしまった、小室圭さんの父親「小室敏勝」さんについて解説していきます。

名前 小室敏勝(としかつ)
出身 神奈川県藤沢市
生年 1964年生まれ(月日は不明)
享年 38歳(2002年没)
学歴 明治大学 理工学部 建築学科卒
職業 横山市役所 建築課

「父親の死」は、小室圭さんの話の中でも特に重たい話題の1つです。

当時10歳だった小室圭さんの心に、多大な影響を与えたことは容易に想像できます。

さらに母親の「小室佳代」さんが当時起こしたトラブルも未だに尾を引いている問題の1つで、謎が解明され尽くしてはいません。

この記事で分かること

  • 小室圭さんの父親・敏勝さんの経歴
  • 自殺した経緯と死にまつわる疑惑
  • 小室圭さんの新たな父親候補

現在分かっている情報を全てまとめてきたので、約20年前にタイムスリップして状況を順番に整理していきましょう。

小室圭さんの父親・敏勝さんの経歴

小室圭さんの父親・敏勝さんは、物静かで真面目な性格の方だったそうです。

敏勝さんの経歴

  • 藤沢市の大地主「小室家」の分家に生まれる
  • 明治大学 理工学部 建築学科出身
  • 横浜市役所勤務の公務員
  • 小室佳代さんと結婚

若くして亡くなってしまった敏勝さんですが、まずは本人の経歴から見ていきましょう。

1.藤沢市の大地主「小室家」の分家に生まれる

小室家といえば神奈川県藤沢市では有名な大地主で、敏勝さんはその分家に生まれました。

大地主と聞くと相当裕福なイメージを持たれるかもしれませんが、あくまでも分家なので一般的な家庭だったようです。

父・善吉さん(小室圭さんの祖父)は工場勤務で、敏勝さんと同じく真面目で寡黙なタイプだったとか。

2.明治大学 理工学部 建築学科出身

敏勝さんの最終学歴は明治大学の理工学部で、建築学科を卒業しています。

この経歴を仕事で活かすのはもちろん、マイホームを建てたいという願望を持つようにもなったとか。

物静かな人柄であれば、建築に関わる設計やデザインの仕事はぴったりです。

逆に営業などの相手と密なコミュニケーションをする仕事は合わないかもしれません。

3.横浜市役所勤務の公務員

明治大学を卒業後、敏勝さんは横浜市役所に就職しました。

元々は「都市デザイン室」というところに配属されており、みなとみらい21の設計にも関わったとか。

しかし市営住宅の建て替えを担当する部署に異動になり、立ち退き勧告などの精神的にハードな仕事が多くなってしまいます。

業務量的にも多忙を極め、これが自殺に追い込まれた要因の1つとも言われています...。

4.小室佳代さんと結婚

敏勝さんは1990年(当時26歳)に角田佳代さん(当時24歳)と結婚し、翌年の1991年10月5日に小室圭さんが誕生します。

両者とも藤沢市出身なので、知人の紹介等で知り合ったのでしょう。

「敏勝さんは、穏やかな人でしたよ。全然怒らない人で、おとなしくて。佳代さんが言うことを否定しない人で、何を言われても、“そうだね”と静かにうなずいて、なるべく彼女が自由にできるようにしていました。

仕事も一生懸命でね。小室さんの国立音楽大学附属小学校の進学に合わせて東京・国立市に引っ越してからは、勤務先の横浜市役所まで通勤するため、朝は小室さんが寝ている6時には家を出て、小室さんが寝てから帰ってくるような生活だったようです」
引用元:Newsポストセブン

結婚後は度重なる金銭トラブルで苦しい生活が続き、心労が加速したと言われています。

息子の小室圭さんのために職場から遠くに引っ越すなど、自分を犠牲にするタイプだったようです。

小室圭さんの父親が自殺した経緯

敏勝さんは精神的に追い詰められ、晩年近くには見た目にも分かるほどやつれていたそうです。

誰が見ても精神を病んでおり、最終的には自殺してしまったのは大きく3つの理由があります。

敏勝さんが自殺した理由

  • 横浜市役所での仕事
  • 小室圭さんの養育費の捻出
  • マイホーム建築時のトラブル

38歳という若さで亡くなってしまった敏勝さんの苦悩に迫っていきましょう。

1.横山市役所での仕事

明治大学の建築学科出身という経歴を持つ敏勝さんは、花形の建築デザイン室で辣腕を振るっていましたが、異動によって業務内容が大きく変わってしまいました。

問題となっている市営住宅の建て替え業務ですが、精神的にも肉体的にもハードな仕事だったと予想されます。

市営住宅の建て替え業務

  • 住民への立ち退き勧告
  • 立ち退き後の世話
  • 対応する書類仕事

立ち退き勧告と言えば、住民との衝突は必至です。

住民同士で結託し、抗議活動なども行われた可能性もあります。

物静かなタイプの敏勝さんには余計に辛い仕事だったでしょう。

好きな仕事ができないストレスも、精神を追い詰めるのに拍車をかけていたかもしれません。

「そうした生活の影響もあって、(2001年の)夏頃に体調を崩したようです。部署異動によって希望の仕事もできず、上司との折り合いもつかなかったことについても悩んでいました。見るからにやつれて、目にも生気が宿ってなくて。明らかに心の病だと思って、佳代さんに心療内科に通わせた方がいいんじゃないかと言ったんです。そしたら、“いやよ、病院に行かないのは本人の勝手だから”と。随分と冷たい人だなと思いました」
引用元:Newsポストセブン

苦しい生活を続けていましたが、残念ながら家族の助けは得られなかったようです。

2.小室圭さんの養育費の捻出

敏勝さんが亡くなった時、小室圭さんは10歳で小学4年生でした。

一人っ子だったので特別なことをしなければ公務員の給料で生活できたかと思いますが、妻の佳代さんの教育熱は尋常ではありません。

小室圭さんのバイオリンの才能を伸ばすため「国立音楽大学附属小学校」に入学させています。(私立小学校)

国立音楽大学附属小学校の費用

  • 入学金等:33.5万円
  • 学費等(年間):62万円

これらに加えてバイオリンの購入費用や別に通っている教室の料金など、経済的に圧迫する要素は無数にありました。

さらに佳代さんの両親が住むマンションも敏勝さんの名義で契約されており、経済的な困窮に拍車をかけていたことが予想されます。

3.マイホーム建築時のトラブル

建築学科出身の敏勝さんはマイホームを建てるのが夢だったそうで、佳代さんの家族と一緒に住める2世帯住宅の建設を予定していました。

金銭的に苦しい生活だった敏勝さんは両親に支援をお願いしたそうですが...。

敏勝さんのご両親がいろいろと支援をしてくれたそうなんですが、それに乗じて、佳代さんが家具とか内装にお金を掛けようとして予算が大幅にオーバーしちゃったみたいなんです。それで、お義母さんと佳代さんが大げんか。間に入った敏勝さんはほとほと困っていましたね」
引用元:Newsポストセブン

結局マイホームの建設は白紙になり、敏勝さんの夢が叶うことはありませんでした。

建設学科に進むほどなので、本人にとっては金額以上に大きな夢だったでしょう。

これをパァにされて、苦しくないわけがありません。

小室圭さんの父親の死にまつわる疑惑

敏勝さんの死がここまで大きく報じられているのは、その裏に様々な疑惑があるからです。

真実は未だに明らかになっていませんが、どのようなものがあるのか1つずつ見ていきましょう。

敏勝さんの死にまつわる疑惑

  • 佳代さんが追い詰めた疑惑
  • 家族の後追い自殺疑惑
  • 保険金と遺産目当て疑惑

小室圭さんや小室佳代さんの評判に大きな影を落としている問題なので、現状を正確に把握してください。

1.佳代さんが追い詰めた疑惑

「敏勝さんは妻の小室佳代さんが殺したんだ!」という声を上げる方もいます。

確かに佳代さんの行動が敏勝さんを追い詰めていた可能性は否定できません。

佳代さんの行動一覧

  • 小室圭さんへの採算度外視の教育
  • 両親への出資(マンション)
  • 義両親との不仲
  • 「湘南のパパ」との関係
  • 助けようとしない態度

敏勝さんは佳代さんの尻に敷かれるタイプの旦那さんだったようで、小室圭さんが国立の小学校に通うため引っ越す先にも付いていき、かなりの長距離通勤を行っていました。
※Googlemapで検索すると、現代でも1時間半以上かかります。

また、敏勝さんが亡くなる2002年の正月に、佳代さんは知人に「夫の世話をしてくれ」と連絡したとか。

亡くなる2ヶ月前の出来事なので、敏勝さんは見た目もやつれて明らかに普通ではなかったでしょう。

「佳代さんと小室さんは、2人で実家のある横浜方面に帰るので、体調が悪いのにひとりで国立市に残る敏勝さんの様子を見ていてほしいと言うんです。心配なら一緒にいればいいのに“夫の食事、なんとかしてもらえます?”って。仕方がないから敏勝さんに電話をしたら、彼は遠慮したのか“もうよくなったから気にしないでください。寝てますから大丈夫ですよ”と答えました。

ただ、後から佳代さんに聞いた話では、そのときに敏勝さんは行方不明騒動を起こしていたんです。半日ほど多摩川の河川敷で過ごし、音信不通になっていたそうです」(小室家をよく知る知人)

引用元:Newsポストセブン

病状を見ても精神科に連れて行くようなこともせず「病院に行かないのは本人の勝手だから」と言い、周囲の警告も無視を決め込んだそうです。

肝心の佳代さんはこの時何をしていたかと言うと、小室圭さんを連れて「湘南のパパ」とドライブしていたとの報道も出ています。

2.家族の後追い自殺疑惑

敏勝さんが行方不明になり、関係者の捜索も空しく24時間が経ったころ、佳代さんは義父の善吉さんに怒鳴り散らしました。

 

 

「小室は自殺している! それは全部あなたたちのせいだ!」
「あなたたちの愛情が足りないから彼は自殺したんだ!!」

こんな言葉をかけられた善吉さんの心境は計り知れません。

また、敏勝さんが行方不明になってから、警察に連絡したのはずっと後のことだったそうです。

敏勝さんが行方不明になってから、警察に連絡した方がいいんじゃないかと佳代さんに話しても、“そんな連絡したら、いろいろ表沙汰になって圭が心配するからしない”と返されたんです。

引用元:Newsポストセブン

息子を救えなかった後悔が、善吉さんの心を押しつぶしてしまったのでしょう。

敏勝さんの葬儀が終わった直後(亡くなってから1週間ほど)に、善吉さんも首を吊ってしまいました。

3.保険金と遺産目当て疑惑

相次ぐ関係者の死が冷めやらぬ中で、佳代さんは「代理人」を立てて義母(敏勝さんの母親)に遺産相続の交渉を行いました。

敏勝さんと善吉さんの2人分の相続です。

亡くなった人数が増えれば、その分受け取れるお金も増えるので一気に小室家の財政は潤います。

敏勝さんが亡くなると得られるお金

  • 相続遺産
  • 死亡保険金
  • 遺族年金

さらに、この時立てた「代理人」への取材を確認すると、驚くべき真実が明らかになりました。

「佳代さんは当時、“住む家がなく、親元に転がり込んで肩身の狭い思いをしている”“夫の実家に連絡しても相手にしてもらえない”と涙を流し、私に遺産交渉の代理人になってほしいと頼みました。私は昔、暴力団に関係していたこともあり、そうした経歴が利用できると思って、近づいてきたんでしょう。

後から知ったのですが、本当は、敏勝さんが購入したマンションに佳代さんの両親が住んでいたので、“住む家がない”というのは嘘だった。それを、遺産分割の交渉のためなのか、敏勝さんの実家には隠していたようです。

圭くんに遺産相続がされるとすぐに佳代さんは、私に一言の礼もなく、突然、“この件から一切、手を引いてくれ”と言ってきました。それ以来、絶交しています」
引用元:Newsポストセブン

代理人は元暴力団関係者で、相続交渉のために財政状況の隠蔽も行っていました。

確たる証拠はありませんが、これでは「遺産目当てでやったんだ!」と言われても無理はないかもしれません。

ちなみに「小室佳代さんには暴力団とのつながりがある!」「小室佳代の弟はヤクザだ!」などの声も上がっていますが、これらはこの代理人の話から飛躍した根も葉もない噂の可能性が高いです。

小室圭さんの「新しい父親」候補達

小室佳代さんは多くの男性との関わりを噂されており、小室圭さんの新しい父親候補とも言える婚約者も報道されています。

確認できただけでも全部で6名の男性がいるので、一人ずつチェックしていきましょう。

小室圭さんの新しい父親候補

  • 湘南のパパ
  • 彫金師
  • 竹田さん
  • 結婚指輪をプレゼント?した男
  • その他2名(詳細不明)

小室佳代さんは男にモテるための魔術でも持っているのでしょうか...。

1.湘南のパパ

「湘南のパパ」とは、当時小室圭さん(10歳)に呼ばれていたあだ名です。

湘南のパパのプロフィール

  • 交際期間:不明〜2002年
  • お互いを「運命の人」と呼び合う
  • 「湘南のパパ」は敏勝さん存命中のあだ名
  • アメリカ帰りのエリート

彼は敏勝さんの友人で、亡くなったときの捜索活動にも関わっていました。

その反面、敏勝さんが存命中も頻繁に会う中で、亡くなった2002年の正月にも小室圭さんを連れた3人でドライブに出かけているとの報道があります。

「佳代さんから聞いた話では、Yさんは、敏勝さんの幼なじみの1人です。仕事の都合でアメリカでの生活が長かったそうで、“お金持ちでオープンカーに乗ってるの!”と、うれしそうに話していたのを覚えています。

佳代さんは当時のことを、“圭を抱っこしながら玄関先でYさんを出迎えたときに目が合って、その瞬間にお互いが運命の人だって思ったのよ”と話していました。それから、互いに運命の人と呼び合っているということでした」
引用元:Newsポストセブン

今の旦那を殺して、金持ちの男に乗り換え...という最悪のシナリオが頭をよぎりますが、実際はそうではなかったようです。

「佳代さんは“小室が死んだらとてもひとりじゃ生きていけないから、そしたら私は運命の人と結婚するの”と話していたほどでした。だから、敏勝さんの葬儀が落ち着いたときに、Yさんとの関係をどうするのか聞いたんです」(前出・小室家の関係者)

すると、佳代さんからは、思いもよらない答えが返ってきた。

《自殺なんて気持ち悪いことされたから、2人で話し合ってもう会わないことにした》

前出の小室家の関係者も、「自殺ということに対して、佳代さんは、よく『気持ち悪い』という言葉を使っていたのを覚えています」と語る。
引用元:Newsポストセブン

この動きから察するに、佳代さんには敏勝さんを疎ましく思う心こそあれ、殺す気まではなかったと思われます。

適当なタイミングで離婚して乗り換える予定だったものの、遺産相続の芽が出てきたので切り上げたのではないでしょうか。

2.彫金師の男性

敏勝さんが亡くなってから半年も経たない頃、新たに佳代さんが付き合い始めたのがこの彫金師の男性です。

彫金師の男性のプロフィール

  • 交際期間:2002年〜2007年
  • 奥さんに先立たれた70代(現在)の方
  • 彫金師としての収入が途絶える
  • 佳代さんが養う側

もともと彫金師として生計を立てていたこの方は、佳代さんとの交際中に収入が途絶えてしまい小室家に転がり込んでいました。

むしろ小室佳代さんが養う側で、彼が前立腺系の病に倒れた際の手術の同意書にサインしたのも佳代さんです。

「佳代さんとの交際中に仕事が立ち行かなくなり、収入がゼロになった時期がありました。
そのときに小室さんの自宅に住みついて、佳代さんに養ってもらっていたそうです
しかし、仕事をしない収入ゼロのAさんに対して圭くんはよく思っていなかったようで、“いいかげんにしてほしい”と対立してしまい、結果的に佳代さんとAさんは別れてしまったんです」
引用元:週刊女性PRIME

この後、佳代さんは別の婚約者に400万円ほど借金するのですが、お金がないなら普通すぐに縁を切るはずです。

なのにどうしてこんな行動を取ってしまったのでしょうか。

推測できる可能性は3つです。

佳代さんの行動理由

  • 本気で彫金師の男性を愛していた
  • 敏勝さんを亡くした罪滅ぼし
  • 大金を得て気が大きくなっていた

合理的な行動とは言えないので、何らかの事情があったと思われます。

また、彫金師の方との交際期間は敏勝さんが亡くなったことによる遺族年金の受給期間でもあります。

同棲して事実婚状態のか予算には受け取る権利はないはずですが...役所に申告せずに受け取り続けていました。

これが原因で佳代さんは現在、詐欺罪で刑事告訴されています。

3.婚約者の竹田さん(仮名)

竹田さんは小室佳代さんの交際相手の中で最も注目を集めている方で、400万円の借金について今でも争っています。

婚約者の竹田さんのプロフィール

  • 交際期間:2007年〜2017年
  • 年齢:70代(現在)
  • 元外資系商社マン
  • 2度の離婚歴あり
  • 佳代さんの父・国光さんとも面識がある
  • 佳代さんに400万円を貸与するも戻ってこず

佳代さんと竹田さんは2007年に付き合い始め、2010年(小室圭さんが大学入学した年)に婚約しました。

佳代さんと父・国光さん(小室圭さんの祖父)との家族トラブルの対応にも尽力していた竹田さんでしたが、扱いは冷遇気味だったとのこと。

タクシー代わりの扱いを受けたり、お金を無心されたりと大切にされていたとは思えません。

婚約した理由も「母子家庭だと圭の就職に不利だから」と言っていたそうです。

大学の費用は膨大であり、竹田さんは要求に流されて400万円以上も貸してしまいました。

借りたお金の使い道

  • ICUの学費
  • アナウンサースクールの費用
  • アメリカ留学費用

当時住んでいたマンションのローンも残っていた竹田さんは、婚約の解消と借金の返済を要求しますが、佳代さんはこれを拒否。
「お金はもらった」の一点張りで、借用書が無いので回収は困難だとか。

現在はマンションを売払い、木造アパートに引っ越して週5で再雇用で働いているそうです。

4.結婚指輪をプレゼントした?男性

2020年の年末、女性自身が小室佳代さんの姿を写真に捉えた時、その左手の薬指にはピンクダイヤのような真新しい指輪が光っていました。

そもそも現在の小室佳代さんの生活を誰が支えているのかは明らかになっておらず、本人は2018年に勤めていた洋菓子店にも姿を見せなくなっています。

おそらくこの指輪をプレゼントした方が生活を援助しているのでしょう。

同誌はクリスマスイプの朝にも佳代さんの姿を捉えています。

12月24日、クリスマスイブの早朝4時のことだった。マンションの前にワンボックスカーが停車。するとマンションから佳代さんが現れ、車に乗り込んだ。運転席には50代ぐらいとおぼしき小柄な男性が座っていた。そして走り去ったワンボックスカーは、夜になってもマンションに戻ってくることはなかった。
引用元:女性自身

5.その他の父親候補

他にも情報源がはっきりしていませんが、2名の男性と関係を持っていたとの噂が出ています。

その他の父親候補達

  • 4億円の資産がある?男
  • 31歳のイケメン起業家

どちらもお金に余裕のある方のようですが、あまり長続きしなかったのでしょう。

まとめ:小室圭さんの父親は横浜市役所勤務の公務員

大学を卒業して地元横浜市役所の公務員になるくらいですから、小室圭さんの父親の敏勝さんは、それは真面目な方だったのでしょう。

真面目過ぎたが故に、仕事や家庭内の問題にも正面からぶつかり続け、精神的に壊れてしまったのかもしれません。

現代でもうつ病を発症する方は真面目な方(メランコリー親和型)が多く、その関係性は広く知られています。

もし自分でも「仕事頑張りすぎてるかも」と思ったのであれば、思い切って誰かに相談してみてください。

敏勝さんのように自らを傷つけるようなことはやめましょう。

-その他の関係者

Copyright© 小室圭.com , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.